タロット占い カードの歴史

タロットカードの 歴史 今回は、タロット占いの歴史をウィキペディアを参考に見ていきたいと思います。 タロットの起源を古代エジプトや古代ユダヤに求める説もあるが学問的な根拠は無く、発祥は不明である。記録上辿れる限りでは1392年の「シャルル6世のタロット」が最古であるがこれは現存していない。これはシャルル6世が画家ジャックマン・グランゴヌール (Jacquemin Gringonneur) に作らせたものである。これは現存していないため現在のタロットとどの程度似ていたのか、全然違ったものだったのか、まったく不明である。次いで古いのは、1415年にフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ(英語版)公爵が秘書トルトナに作らせたという「ミンキアーテ版」である。これも当時のものは現存していないが、後世に作られた複製が残っているので内容を知ることはできる。これによると配列順や名称、絵柄が現在の大アルカナとは違っているところ[注 2]もあり、現在の大アルカナの「枚数・順番・名称・絵柄」は当時まだ確立していなかったことがわかる タロットカードのやり方 タロットカードは遊戯や占いなどに使用されるカードのこと。 78枚1組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、22枚の大アルカナに分けられる。 (日本では、小アルカナは大アルカナに比べ比較的認知度が低く、一般語のタロットは大アルカナのみを指す場合が多い。)

このブログの人気の投稿

タロット占い やり方